主な診療内容

打撲や骨折、肉離れなどの外傷のほか、腰痛・膝痛・肩痛をはじめとした全身の筋・骨格系疾患をすべて診療します。
骨粗鬆症治療による骨折予防にも力を入れています。また、骨軟部腫瘍(筋・骨格にできた腫瘍)のご相談にも応じます。

外傷

整形外科

当院では捻挫や骨折、打撲、切傷などあらゆる外傷に対応いたします。
ギプスや縫合などの救急処置はもちろん、処置後のリハビリを含め、治癒するまで徹底的に診療させていただきます。
なお、手術や緊急処置などが必要な場合は、近隣の病院にご紹介させていただきます。

骨粗鬆症

整形外科

超高齢社会の我が国において骨粗鬆症はもはや国民病で、50歳以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症にかかっているといわれています。 骨粗鬆症にかかると骨密度が低下し、骨がスカスカになります。
その結果、ちょっとした外傷でも骨折を発症してしまいます。 当院では早めに骨密度検査を行い、骨密度の低下を早期発見することで骨折を予防します。
投薬治療に限らず、正しい食事・運動療法指導を行わせていただきます。

変形性関節症

整形外科

機械的刺激などにより関節の軟骨が変性し、そこに関節周囲を取り囲む滑膜の炎症が併発して関節に痛みや可動域制限が出現する病態です。
膝や股関節、その他全身の関節に起こりうる疾患です。当院では早期に発見、進行予防し、生活への支障を少なくしていきます。
状態によっては再生医療による治療もご提案いたします。

肩関節周囲炎

整形外科

主に50歳以降の中後年に多くみられる肩の痛みで五十肩とも呼ばれます。
老化や運動不足などにより肩関節の周囲組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。関節を包む袋(関節包)が癒着すると関節拘縮といい、関節が固まり、動かしにくくなってしまうことがあります。
当院では投薬、注射治療の他、理学療法による拘縮の予防・治療を行います。

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア

整形外科

これらの脊椎疾患は早期発見し、適切なリハビリを行うことで、進行を予防できることがあります。

慢性的に足腰が痛い、長い時間続けて歩けず途中で休んでしまう、という症状のある方はお早めにご相談ください。

スポーツ障害

整形外科

野球、サッカー、ラグビーをはじめとするあらゆるスポーツにおける膝半月板損傷・前十字靭帯損傷、肩腱板損傷、疲労骨折等のスポーツ障害に対応いたします。

将来的にもなるべくスポーツが継続できるよう、適切な治療をご提供いたします。
状態によっては再生医療による治療もご提案いたします。